ユニクロのバスタオルシリーズの使い心地、感想は?コスパ最強?


スポンサードリンク

2015年7月31日に発売が開始されたUNIQLOの『ふわかるコットン』のバスタオルシリーズが注目を集めていますね。

バスタオルといえば、完全なる日用品です。一見なんでも良さそうで、ついつい安いものを探してしまう方がほとんどだと思います。しかしその一方で、いざ使ってみると、綿が抜け落ちてお風呂上がりの濡れた体にやたらと毛がついてしまったり、洗濯するたびにふわふわ感が失われて、結局いつの間にかぺちゃんこのタオルになっていたり・・

意外にコスパの良いタオルが見つかりにくいというのも、また事実ですよね?

そんななか、天下のUNIQLOが満を持して売り出したタオルシリーズの使い心地やコスパが気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか!?

UNIQLOのふわふわコットンタオルのラインナップ

uploaded

では、実際に売られている『ふわかるコットンタオル』のラインナップを見てみましょう!

===========================

バスタオル(W:120 H:60)¥1,500

ホワイト、ベージュ、ネイビーの3色

フェイスタオル(W:80 H:34)¥790

ホワイト、グレー、ブラウン、ピンク、ベージュ、ネイビーの6色

ミニタオル(W:25 H:25)¥390

ホワイト、グレー、ブラウン、ピンク、ベージュ、ネイビーの6色

タオルハンカチ(45×45)¥500

全17種類の色と柄が取り揃っています。

===========================

バスタオル以外は6色というとても豊富なカラーが取り揃えてありますね^^

気になるUNIQLOのタオル、使い心地はどうなのでしょうか!?

実は、ちょうど今年の夏に引っ越しをする友人がいて、なにか欲しいものある?と聞いてみたところ、『タオル!』と即答されたので(笑)

少しは良いタオルでも・・と思ったものの、タオルって普段買わないので意外にどこで買っていいかわからないんですよね!

そこで、ドン・キホーテ、UNIQLO、無印良品などあちこち回ってUNIQLOのバスタオルに辿り着いたのです。ここからはUNIQLOふわかるコットンタオルの実際の使い心地の話に入っていきますよ〜!

UNIQLOのタオルの良さは?

large_354942_4

さて、UNIQLOのタオルを使うメリットは一体どこにあるのでしょうか?

UNIQLOが売り出している『ふわかるコットン』のメリットは、主に3つ挙げられているようです。まずはこれを見ていきましょう!

詳細はUNIQLOの公式ホームページに記載されていますが、ここではその中からいくつか搔い摘んでご紹介していきたいと思います^^

その1、ふわふわな心地よさ

タオルの材料である原綿。この『原綿』に強い圧力をかけ、小さく圧縮した状態で海外から輸入されてきます。これを、輸入されてきた状態のまま私たちが使用すると、過度に圧力のかかった“のし梅”状態のタオルを使うことになり、タオル本来のふわふわ感というのが一切味わうことができません。

そこで、UNIQLOのふわかるコットンタオルは、高温多湿の部屋で約一ヶ月にも渡り空気と水分を吸収させることで、綿本来の柔らかさを取り戻すことにこだわっています。そしてこれは、『熟成』と呼ばれています。

UNIQLOふわかるタオルの使い心地の良さは、このようなこだわりがあったから、なんですね。

その2、高い吸収性

綿に天然成分を使った特殊な加工を施し、綿本来のもつチカラ以上の吸収力を実現しています。“綿を糸にする”という製造段階でこの行程を行っているそうです。

その3、ニオイを防ぐ

タオルの生地表面にマイナスイオンを発生させる加工を施し、生乾きや部屋干しなどで発生するいやなニオイを防ぐことにこだわっています。

タオルのいやなにおいってマイナスイオンで軽減されるんだ・・ってことを初めて知りました(笑)確かに、梅雨時などのタオルの生乾きのニオイっていやですよね。

UNIQLOは、以上の3つのポイントをゴリ推しして独自のバスタオルを製造&販売していますが、このなかで最も力を入れているのは“ふわふわな心地よさ”の部分だということがわかりました。

では、UNIQLOのふわかるコットンを使った方々の感想を見ていきましょう・・!

UNIQLOのふわかるコットンを実際に使ってみた感想

スポンサードリンク

では、続いて実際にUNIQLOのバスタオルを使ってみた私のレビューから・・。

一言で言うならば『何も問題ありません』。

人によっては『けっこう綿が抜けるので嫌だ』というレビューも見かけましたが、私も確か、最初の1〜2回はそうだったような(綿が抜ける現象)・・?

記憶もありますが、今となっては、全く気になりませんよ。

むしろそんなに家にタオルがあっても仕方ないので、最低限の枚数でヘビーローテーションしてますが、特に痛んで吸収力が落ちていると感じたこもありませんし、バスタオルのホワイト、ベージュ、ネイビーは色も落ち着いていてとてもスタイリッシュです。

また、バスタオルは意外と値が張るものが多いなか、UNIQLOのふわかるコットン樽は1,500円とかなりリーズナブルなところもウリです。

まあ、UNIQLOなので当然といえば当然なのですが、

コスパはかなり良い

と言い切れますね!ではでは、私だけの意見では心もとないと思うので、パッとネットでレビューをいくつか拾ってみました。

最初に断っておきますが、決してポジティブな意見を選んで拾ったわけではありませんよ!UNIQLOのコットンタオル、概ね好評なようですね。

スクリーンショット 2015-11-12 19.17.57スクリーンショット 2015-11-12 19.24.55スクリーンショット 2015-11-12 19.25.04スクリーンショット 2015-11-12 19.25.59

と、いうことでUNIQLのコットンタオルを紹介してきました。

破格の値段!!というわけではありませんが、一般市民が手を伸ばしやすい価格のなかで独自のこだわりを持ってふわかるコットンタオルをつくっているのだということがわかりました。

タオルは一年中使うものですから、私のように、友人へのちょっとしたプレゼントでも充分喜ばれますよー(^^)

スポンサードリンク

コメントを残す