歯槽膿漏の予防は歯磨きが90%!その方法と効果的な歯磨き粉は?


17248754245_1bc3b80783

歯槽膿漏という歯の病気は、歯茎が腫れる膿む出血するなどの初期症状が進行し、最終的には歯茎が後退してしまい、歯が長くなったように見えます。歯を支える歯茎や歯根が弱まり、歯が自分で立っていられなくなり、歯がちょっとした衝撃で揺れたり、最悪の場合、突然抜けてしまいます。

これらを見ていくと、歯槽膿漏とはつまるところ、歯周病のひとつであり、もっと言うならば歯周病が進行しひどくなった場合に呼ばれる病名であることがわかります。

30歳になると80%のひとが歯周病にかかっていると言われています。ところが歯周病は、目立った見た目の変化や外傷、痛みなどが伴わないこともあり、あまり歯周病に気が付いて治療を施すひとは少ないのが現状です。

虫歯や歯周病などの口内環境は、擦り傷や切り傷の外傷などのように放っておいても良くなる事はなく、一向に悪くなるばかりです。今は若くてあまり気にならなくても、歯は年齢とともに明らかに劣化していくものですので、手遅れになって後悔するまえに、今のうちに正しい知識を身につけておきたいものです。

スポンサードリンク

歯槽膿漏の予防は歯磨きが90%!

6177887509_c75b42c51d

歯槽膿漏だけに限ったことではありませんが、口内環境における全てのトラブルを日常的に防ぐのは、日々の正しい歯磨き以外にありません。上に書いてある通り、歯周病や歯槽膿漏を防ぐためにしなければいけないことの90%は、正しい歯磨きだと言われています。

日本人は歯に対する意識がすごく低い国で、歯並びなんかにも無頓着な方が多いですが、海外では歯に対する意識はすごく高いですし、子供のころからよく教育されています。

簡単ではありますが、正しく歯磨きをするためのポイントを抑えましょう。

歯磨きは堅すぎず柔らかすぎない、自分に合ったものを選ぶ。

■ 歯磨きは力を入れずに優しく。そのために歯ブラシは軽く持とう。

■ いつも決まったルートで歯を磨く。磨き残しを防ごう。

■ 毎日じゃなくてもいいからフロスで歯間の歯垢も落とすようにしよう。

■ 一日に最低2回は歯磨きをしよう。

また、デンタルフロスは3日に一回、忙しい方ならば一週間に一回とかでもいいので、出来るときに意識してするようにしましょう。虫歯や歯周病の始まりは、いつも歯間に残った歯垢から発生するのです。

これらのポイントをきちんと抑えるだけでも、歯磨きの効果はだいぶ改善します。歯磨きの正しい方法は歯医者さんに行くと丁寧に教えてくれますが、いくら普段から丁寧に歯磨きをしても、どうしても磨き残しからくる歯石はできてしまいます。

なので、歯医者には定期的に通い、歯石の除去や虫歯の有無などを見てもらうと良いでしょう。

効果的な歯磨き粉は?

スポンサードリンク

とはいえ、歯ブラシにしろ歯磨き粉にしろ、色々なものが市販で売られていて、結局なにがいいの?というところなんですが、これに関しては、歯医者さんが直接勧めているものにしましょう。

具体的には

デンター歯石予防(ライオン)
スプリーデント(日本アムウエイ)
薬用サンスター(サンスター)

の3つが特に推奨されているようです。歯磨き粉に含まれる「フッ素」という成分が、歯周病などの予防に効果的な成分だとされていますが、昨今市販で売られている歯磨き粉には、これらの効果的な成分が充分に含まれていないものも多いそうです。

例えば、味やスッキリ感だけに重きを置いているものとか、泡立つ成分を多く含ませておいて「磨いた感」だけを演出しようとしている商品などがその例です。なので、歯磨き粉もたくさんありますが、正しく選んでちゃんとしたものを効果的に使うようにしましょう。

以前、効果的な歯磨きについて詳しく書いた記事がありますので、宜しければこちらも併せてどうぞ。

正しい歯の手入れ方法。歯磨きの仕方や、効果的な虫歯予防方法とは?

スポンサードリンク

コメントを残す