櫻井翔の父が総務省事務次官でそっくり!高校や大学、仕事内容は?


 

策来春

人気アイドルグループ嵐の櫻井翔さんの実のお父さんである、櫻井俊さんが総務省事務次官に就任しましたね。7月28日に正式に通達が出され、ここ最近では毎日大々的に報道されています。

そんな総務省事務次官の櫻井俊さんの息子・長男である嵐の櫻井翔さんはジャニーズのなかでもトップクラスに人気のあるメンバーでありながら、知的なイメージがあることからニュースキャスターや色々な番組の司会なども務めています。

親子揃ってエリート街道まっしぐらということでも話題になっていますが、今回は櫻井俊さんの学歴や仕事内容、櫻井家についてなどについて見ていきたいと思います。

スポンサードリンク

総務省事務次官櫻井俊さんがと櫻井翔さんはそっくり!

さくらいしょう

ジャニーズJr.のグループのなかで最も活躍していると言っても過言ではない嵐。そしてそのなかでも人気メンバーのひとりである櫻井翔さんは、お父様は総務省に勤務する官僚で、お母様は大学教授というエリート一家であることが知られています。

厳格な家系であることが知られている櫻井家では、櫻井翔さんのご兄妹にあたる弟さんも慶応大学ラグビー部に所属する高学歴の持ち主で、妹さんは成城大学卒業後、日テレに入社し、現在は現場ジャーナリストとして勤務しています。

■ 櫻井翔の弟は慶応イケメン、妹は日テレ社員のエリート!

そのなかで櫻井翔さんを育ててきたお父さんは、総務省に勤めています。総務省のなかでも入省当時から優秀と言われ続けており、いずれトップになるだろうというような話は、実は随分前からありました。

そして7月28日、正式に総務省事務次官として決定すると、櫻井翔さんの父ということもあってか一斉に報道されるようになりましたね。テレビによく映るようになった櫻井俊さんですが、本当にそっくり親子だと思います。

櫻井俊さんも整った顔立ちをしていますよね。今後はニュース番組などで櫻井翔さんが、お父様に関するニュースを読み上げる様なことがあってもおかしくないですね。

櫻井俊さんの高校や大学は?

つくつくえ

そんな櫻井俊さんですが、出身高校は群馬県前橋高校であり、偏差値69の県内トップ校です。卒業後は東京大学法学部に入学し卒業しています。

前橋高校は確かに凄い高校ですが、昔はそのなかでも成績が特に優秀なトップ20人ぐらいしか東大には合格出来なかったそうですね。近年では、1人とか2人とかにまで東大合格者が減っているようです。

櫻井俊さんは、名門前橋高校のなかでも特に成績優秀者でトップクラスにいたということがわかりますね。櫻井俊さんご自身が受験で大変な思いをしたからなのでしょうか、息子さんお2人は幼稚舎から慶応の付属に入れていますし、娘さんである舞さんも成城大学付属と、お子さんは全員エスカレーターで大学まで進学しています。

総務省事務次官ってそんな仕事?

スポンサードリンク

実際のところ、総務省事務次官といってもどんな仕事をしているの?と気になる方が多いと思います。総務省とは、その前は郵政省という名前の部門でした。

現在総務省及び櫻井俊さんが主に行っている業務は、わたし達の生活全般に関わることほとんど全てといってもいいのです。

が、それだと少し具体性に欠けるのでもっと詳しくいうと、直近ではアナログテレビ家庭の地デジ化への移行業務4K〜8Kテレビの開発や発展に関わること、携帯電話会社の市場競争に関わることなどです。

官僚のなかでもわたし達の生活に直接関係することの多い仕事内容であるのが特徴です。

■ 4Kテレビとは?買い時はいつなのか、HDとの比較で検証!

■ ソフトバンク、ドコモなど大手キャリアの料金プランの比較!

また、総務省事務次官という役職はつまるところ、総務省のトップであり、その確率は1/5000と言われています。つまり櫻井俊さんは部下が5000人、ということになるのです。

更に、総務省事務次官は内閣総理大臣の業務を直接手伝ったり、意見することもあるほどの地位です。櫻井俊さんが今回、いかに凄い出世をしたかというのが大体分かっていただけたでしょうか?

スポンサードリンク

コメントを残す