ラグビー日本代表スコットランド戦、9月23日の試合実況中継!


7033871657_c85c2baa7c_n

日本ラグビー日本代表は、これまで世界でも、母国の日本でもあまり注目されてはいない存在でした。

体格的に不利な日本人は、体格の大きな他国の選手とタックルやスクラムを組んだときに、どうしても「当たり負けをしてしまう」という弱点がありました。

そして今回のワールドカップでは世界ランク13位からのスタート。
ところが初戦、これまで過去2回の優勝を誇る強豪南アフリカに誰もが予想していなかった逆転勝利を収め、にわかに世界を驚かせその存在を大きくアピールしました。

9月23日、ワールドカップベスト8をかけてスコットランドと戦います。日本は前回の大勝利で世界ランク11位に上昇、対してスコットランドは12位というなか、日本はスコットランドに対しどんな戦いをするのでしょうか…?

この記事では、実際の試合の実況中継をしていきます!

スポンサードリンク

前半

102044562d285bf66e6e375d755db267_s

スコットランドのペナルティゴールでで先制0-3からのスタート。

前半開始10分、日本のペナルティ(ノットロールアウェイ)でスコットランドがキックを獲得しチャンスに、スコットランドはこれを冷静に決め、これで0-6という展開。

五郎丸のキックからコーナーは堀江、これをマフィーがトライ!5-6と僅差に迫ります。

その直後7-6で逆転勝利に成功しますが、このあと日本が危険なファウルがあったということで相手にキックを与え7-9。

スコットランドにトライを与え7-12、更に日本は松島選手が一時退場と良くない流れが続きます。

コート内は日本がひとり少ない状態で試合再開、追いつきたいところですが、五郎丸選手がペナルティキックを外したりと、日本なかなか追いつくことができません。

そうこうしている間に松島選手がコートへ戻り、試合はどちらも得点を譲らない展開に。

審判がスコットランドびいきなのか日本がミスが多いのか、相手ボールになるシーンが多いようですね。

前半終了が近づいてきたところでスコットランドのセットプレイ、ギリギリのところで日本代表キャプテン五郎丸が相手を外へ押し出す見事なディフェンスで守りきり、前半終了です。

後半

7647fe59bf9c07984b56b93a9df58934_s

日本の攻め気で後半が開始されました、スコットランドの反則で日本チャンスです!

日本はマフィが右ひざの負傷で退場しますが、マフィの好プレーで五郎丸のペナルティゴールを獲得します。

これを五郎丸が確実に決め、10-12と縮めます!

しかしその直後トライを決められ、17-10再び引き離されてしまいます。スコットランドは今試合初トライです。

五郎丸がチャンスキックを外し、日本苦しい時間帯に入ってきました。しかしスコットランドは心無しか、足が止まってきているように見えます。

しかしこのあと、再びスコットランドのトライとペナルティでで24-10と大きく引き離されてしまいます。

スコットランドの反則から日本のセットプレイです。日本は真壁を投入し、スコットランドの反則を誘います。

日本はここでキックではなくトライを狙いにいきますが、スコットランド代表トミーにパスを奪われそのまま独走状態でトライされ、31-10に。

ここで試合時間残り15分という苦しい展開になりました、ここでスコットランド代表ベネットにトライを決められ38-10

続けてトライをもらい45-10、残り5分です!劣勢状態ですが日本気持ちを切らさずに戦っています。

最後の最後までトライを狙いにいきますが、あと少しのところでスコットランドの鉄壁のディフェンスに固められます。スコットランドの反則があり最後のワンプレーは日本から。

試合のまとめと次戦の日程!

スポンサードリンク

前半から少々スコットランドに押され気味だった日本ですが、なんとか食らいつくもリードを許したのは前半の一度だけでした。

やはり全体的にスコットランドはパワーが素晴らしく、パワーのなかにもスピードがあり接戦になるとヒヤヒヤする場面がたくさんありました。

今回の試合は決勝トーナメントにつなげる大事な試合でしたが、ワールドカップ決勝トーナメント出場権は勝ち点での計算なので、この試合に負けても決勝トーナメントへの出場権を逃すというわけではありません。

残すはサモア戦、アメリカ戦ですが、この2戦で獲得した勝ち点上位2チームが決勝トーナメントに出場できるということになります。

次の試合は10月3日(土)22:15〜vsサモアです!楽しみですね。

スポンサードリンク

コメントを残す