恋仲第2話は七海(大原櫻子)が可愛い!同窓会で公平との関係は?


第一話

7月27日に放送される『恋仲 』第2話では、学生時代から一途に想い続けてきたかつての幼なじみ(あかり)と、同じく7年ぶりに再会した高校時代の親友(翔太)が付き合っているという衝撃の事実を聞かされ、困惑する三浦葵(福士蒼汰)の様子から始まります。

今回は、第2話放送前ではありますが、第2話の見所のひとつである葵の妹・七海(大原櫻子)が、上京してきたことで田舎者満載の7年前から垢抜けて、すっかり女性らしくきれいになった姿と、そのあまりの変貌ぶりにに驚きつつも、高ぶる気持ちを抑えられずにいる公平(太賀)や、2人の今後の関係なども予想しつつ、見ていきたいと思います。

スポンサードリンク

七海(大原櫻子)が成長してすっかりきれいに!

きょうせい

福士蒼汰さん演じる三浦葵には妹が1人いますが、この妹・七海を演じているのが女優・歌手として活躍しているブレイク目前の大原櫻子さん。

第1話では、上の写真にある通りダサい髪型、大きな黒ぶちメガネ、銀色に輝く歯列矯正で登場し、パッと見た感じでは大原櫻子さんだと分からなかった方も多いのではないでしょうか?

大原櫻子が恋仲で黒メガネ&矯正!父は林田尚親!高校や本名は?

実家で豆腐屋を営む公平は、夏休みが取れたことをきっかけに突然葵が妹・七海と2人で暮らす家へと現れます。葵と公平が家で過ごしているところに、七海が帰宅します。富山にいた頃の七海しか知らなかった公平は、七海の変貌ぶりに驚きを隠せません。大人になり、すっかりきれいになった親友の妹に、心の高鳴りを隠せない公平なのでした。

それぞれの想いが交錯する同窓会

同窓会

恋仲第2話では、富山県のとある田舎で学生時代を過ごしたそれぞれが、社会人になって上京しているところから始まります。普段は富山で働いている公平が、夏休みで東京へ来れることになったということで、同窓会の幹事となってみんなを呼び集めます。そして7年ぶりに高校時代の友人が集まり同窓会を開催している場面が第2話のメインシーンになります。

主に葵、あかり、翔太、公平の4人が久しぶりに集まる同窓会ですが、七海も参加して全部で5人。富山で青春を過ごした5人が、7年ぶりに集まります。

ところが、それぞれが心に秘めた想いを口には出さないようにしているからなのか、どこか白々しい同窓会になってしまいます。

あかりは、翔太と付き合っていながらも葵に対し罪悪感や心残りがある様子。

そして翔太の方も、あかりと葵の気持ちやこれまでの関係を知っていながらして、葵にはなんの報告もなくあかりと付き合っていることを気にかけています。また、葵にたいしては未だにライバル意識があるようです。

葵は、あかりと翔太のことが気がかりで仕事も身に入らず、そして公平は七海への想いを募らせています。

それぞれに色々な想いが交錯している同窓会はどこかよそよそしいものになってしまい、そして翔太とあかりの馴れ初めを聞かされた葵は、嫉妬でイライラが募り、とうとう大きな声を出してしまいます。

公平と七海の関係はどうなっていくのか?

スポンサードリンク

公平は、久しぶりに会った七海が予想外にかわいくなっていたことに衝撃を受け、一時的に浮かれ上がっているだけなのか?それとも本気で恋に落ちてしまったのかは、定かではないので今後の動向に注目したいところです。

また肝心の七海はというと、優柔不断な兄・葵をどこかほっとけない世話焼きな性格で、公平の気持ちにはあまり気づいていない様子…?この2人が今後どうなっていくのか?というところもこれからの展開にも注目です。

そんな、田舎娘から都会の美少女に変貌を遂げた七海は、就職活動のため東京に上京しているようですね。一体なんの職業に就こうとしているのか、ここも今後気になるところです。

ブレイク中の若手俳優が集結した月9は今後ますますおもしろくなってゆくでしょう!ではでは、第2話の展開はまた詳しく書いていきますのでお楽しみに。

スポンサードリンク

コメントを残す