エナジードリンク飲みすぎは危険?モンスターのカフェインは?


スポンサードリンク

昨今、様々なエナジードリンクが発売されています。

『ちょっと体調が優れない』『今日はいつもより少し頑張りたい』などのように、
喝を入れたいときにエナジードリンクを飲むのは、今や当たり前になってきました。

しかし一方で、エナジードリンクって本当に体に害のないの?
という疑問がにわかに湧いてくるのもまた事実です。

そこで今回は、エナジードリンクの身体的影響の有無や、
健康的な付き合い方、成分の検証などを行っていきたいと思います。

エナジードリンクの飲みすぎは危険?

ED1

最近はどこのコンビニにもエナジードリンクが売っており、
エナジードリンク片手にレジに並んでいるひとも随分と見かけます。

エナジードリンクが危険といわれる所以は何でしょうか?

これは、多量のカフェインアルコール糖分を摂取できてしまうことにあります。

皆様もご存知の通りカフェイン、アルコールは嗜好品であり、
いずれも中毒性の高い成分であることは間違いありません。

カフェイン、アルコール、糖分に関しては、
適度に摂取する分には体に害はないのですが、
過剰に摂取してしまうと身体的に悪影響を及ぼすことは間違いありません。

これらの成分は、
感覚を麻痺させ(鎮痛作用)、体を興奮状態にすることで
一時的にパフォーマンスをアップさせることが目的です。

つまり、常用することは一種の薬物行為な訳です。

『この日は絶対に外せない』というときに飲むものであって、
日常的に摂取するべきものではないことを理解しておきましょう。

モンスターのカフェイン等成分表

Postseven_246099_1

近年、モンスターやレッドブルといったエナジードリンクが人気ですが、
一体どのような成分が含まれているのでしょうか?

日本では王道の以下の2つの成分を見てみましょう。

■モンスター             ■レッドブル

カロリー 178kcal      カロリー 85kcal
カフェイン 142mg      カフェイン 59mg
アルギニン 444mg      アルギニン 222mg

各種比較表はインターネット上にたくさんありますので
興味がある方はいろいろと検索してみてください。

モンスターはやはり比較的に成分が多量に含まれています。

特に他社製品と比べても以下の2成分はトップです。

  • 高麗人参:82mg
  • L-カルニチン:29mg

健康的なエナジードリンクとの付き合い方

スポンサードリンク

日本人は世界のなかでも最も働く人種と言われています。

ゆとりのある暮らしをしている先進国の高くとは違い、
日本人のサラリーマンは非常に根詰めて働いています。

そのため、エナジードリンクの需要も高く、
疲れた体に流しこむことも少なくないのではないでしょうか。

しかしエナジードリンクはあくまで鎮静作用で体の感覚を麻痺させ、
一時的に体を奮い立たせているだけなのですから、
まずはしっかりとその自覚を持つようにしましょう。

そして、『ここぞ!』というときだけの使用に止め、
それ以外の日常生活ではご自分の疲労感などの感覚を大事に、
人間らしく、健康的な生活を送ることが大事ですね。

スポンサードリンク

コメントを残す