ココアの効能と成分は?ダイエット効果のあるココアの飲み方を紹介


スポンサードリンク

女子の大好きな飲み物、『ココア』。普通に飲んでも充分おいしいですが、飲み方によってはダイエットになるという効能まであります。

あんなに甘い飲み物なのになんでダイエットになるの!?と不思議に思われているかもしれないですが、成分や飲み方を知ることで、あなたもココアダイエットに挑戦してみたくなるかもしれませんよ!

ココアの成分と効能

photo-1418479631014-8cbf89db3431

ココアで健康管理&ダイエットを考えてみてはいかがでしょうか?

ココアの成分は、代表的なところでテオブロミンカフェインポリフェノールについては、よく知られていると思います・

テオブロミンは、かつて動脈硬化狭心症高血圧などの循環器系の疾患の治療に使われたと記されています。

近年では、血管拡張薬利尿薬としても使われるようになりました。カフェインを多く含む飲料は、利尿効果があることは知られていますよね。

一時的に頭痛を止める働きも期待できます。抗酸化作用の成分を持ったポリフェノールは、活性酸素を除去する作用を持つため、様々な病気に対抗する力やアンチエイジング効果が期待できるといえますね!

ココアでダイエット?

photo-1426260193283-c4daed7c2024

子供から大人まで美味しく楽しんで飲めるココアですが、ダイエット効果も期待できるということで、話題になっています。

朝夜2回飲めばいいというダイエット方法なので、非常に簡単です。

ココアの栄養成分が高いということは、前にお話しした通りですが、それに加えて、ミネラル成分が豊富であることにも注目できます。

何よりも、ココアの香りはリラックス効果があり、この香りの主成分がテオブロミンで、カフェインと違って、集中力を高め、気持ちをリラックスさせてくれます。

どんなココアを選ぶことがいいかといえば、これは『純ココア』お勧めします。純ココアの値段は、各メーカーちょっとずつ違いますが、大体相場で200gで400円ぐらいと考えておいていいですね。

ダイエットはもちろん、健康を考えてみた時にも、純ココアに加える砂糖の量を調節してみましょう。砂糖やミルクの量を調節することがポイントで、ここで間違えると、逆効果になってしまう可能性がありますのでご注意くださいね。

更にカスタマイズダイエット法!

スポンサードリンク

市販のココアは甘すぎる、カロリーが高いという方は、ココアパウダーを利用して、お好みでホイップやマシュマロ、豆乳などに変えてみることでも、いろいろな味が楽しめますよ。

例えば、

■ ココアパウダーをティスプーンに1杯に砂糖を1~3杯(お好みで)、そこに豆乳を100~200ml。

こういったカスタマイズで、甘さを抑えてお好みに合わせたヘルシーココアができます。更に、きな粉やゴマをプラスして、美容に効くココアのカスタマイズ法もご紹介しますね。

■ココアパウダーをティスプーンに3杯、スキムミルクでティスプーン1~2杯、豆乳150ml、お湯30~50ml、ゴマ大さじ1杯、きな粉大さじ1杯

これらを上手に利用することで、

便秘を解消できたので、痩せられた
間食を減らすことができたので、痩せられた

のどちらかのパターンでココアダイエットに成功されている方が多いようです。

食事調節に効果が期待できそうですが、ココアダイエットには、即効性は期待できませんので、地道に続けられる方に向いています。

寒い冬に飲むドリンクとして選ぶ際には、ココアを積極的に飲むようにしながら、痩せ体質に変わることが出来るかもしれませんよ!

スポンサードリンク

コメントを残す